眠れないあなたのためのセルフケアシリーズ5-やさしいセルフケア京都

やさしいセルフケア京都☆森田英実です。

日中の過ごし方で不眠改善

Funtastic Spring sweet and matcha @ Toraya cafe Kyoto

京都のカフェも春メニュー満開中

昨日のブログでは、睡眠薬に頼らず、あなたにふさわしい睡眠時間を知る方法をお伝えしました。

 

シリーズ5回目の今日は、不眠改善のための日中の過ごし方をお伝えします。

 

  • ぐっすり眠るために活動する

 

睡眠が日中の活動にとって重要なように、日中の活動によってある程度疲れないと、体は眠さを感じません。

 

良い眠りのためには、カラダの疲れもある程度必要です。

 

日中は積極的にカラダを動かしてみてください。

 

「1日デスクワークで運動なんてする時間がない!」

 

と言う人も多いと思います。

 

・通勤途中やオフィスで、エレベーターの代わりに階段を使う

 

・できるだけ歩くようにする

 

・キャスター付の椅子を使わない

 

・夜寝る前にゆるくストレッチする

 

こんな風に特に夕方以降にカラダを動かすだけでも十分です。

 

カラダを動かして体温を上げることで、そのあと体温低下~夜の眠気を誘うことができます。

 

 

 

  • 穏やかな感動をしてぐっすり眠る

 

しみじみと嬉しかったこと、ちょっと悲しい、そんな穏やかな情動が、実は脳を活性することをご存じですか?

 

日中に穏やかに感動した経験が多いほど、睡眠中脳は忙しくなり、グッスリ眠れるのです。

 

過度のストレスや気づかれは良い睡眠の助けにはなりません。

 

 

 

  • 短時間のお昼寝でリフレッシュする

 

ランチの後など、猛烈に眠くなった経験はありませんか?

 

体内時計の周期が、丁度お昼過ぎの時間帯にあたります。

 

一番の対処法は昼寝です。

 

本格的に眠るのではなく、15分以内にとどめること、15時までにすますことが、夜の寝つきを悪くしないコツです。

 

背もたれの椅子に寄りかかるか、机に伏せる程度がベストです。

 

お昼寝前にカフェインの入った飲み物を飲むと、30分後にはカフェインが効き始め、目覚めをスッキリ助けてくれます。

 

 

 

このブログでは、眠れないあなたのために、自分でできる方法やコツをお伝えしています。

 

やさしいセルフケア京都では、「眠れない人のためのセルフケアワークショップ」を開催しています。

 

 

次回のこのブログでは、眠れないあなたのための簡単セルフケアシリーズ6・「夕方からの睡眠習慣」をお伝えします。

 

日々頑張って、心身とも疲れているあなたを、温かく包む場所がやさしいセルフケア京都です。

いつでもあなたを、心から温かく迎え、心身の深いレベルから癒せるよう、心を尽くしてセルフケアをお伝えしています。

あなたのココロとカラダを、そっとゆるめ、美しく輝く本来のあなたにもどれる場所。

それがやさしいセルフケア京都です。

最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事をお読みいただいたあなたの、お声を是非お聞かせください。
コメント欄にお気軽に、一言どうぞ!
必ずお返事します!!

Leave a Reply

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.