セルフケアで乾燥対策

セルフケア京都・健康コンサルタント森田英実です。

 

10月も後半に入り、私の住む京都下鴨周辺の紅葉も美しくなってきました。

 

ここ一週間ほど日中の気温は高めですが、朝晩は気温も下がり、日も短くなってきましたね。

 

少し寒くなってくると、

 

「冷えるのでは?」

 

「汗をかかないから」

 

と思い、水分をとらなくなっていませんか?

京都下鴨の朝焼け

日の出の空@下鴨

実は寒い時期こそ水分補給が大切です。

 

寒さだけでなく、これからは乾燥の時期です。

 

保湿クリームなどを塗る前に、まずは体の内側からしっかりと潤いを忘れずに。

 

喉がかわいたら、お茶やビールなどではなく、生水を飲みましょう。

 

できるだけ肝臓や腎臓に負担をかけないように。

 

余分にガブガブ飲むのではなく、体のすみずみまで、細胞に染み渡るようなイメージで少しずつ味わって飲みます。

 

これだけで、お肌の調子も変わってきます。

 

これからの季節は、温かいうどん、味噌汁、スープ、シチュー、おでん、鍋物などを美味しいと感じます。

 

夏の汗で損なわれた塩分の補給ができ、体も自然に暖まり、水分補給もできます。

 

自分で

 

「本当に美味しい!」

 

「食べたい!」

 

と感じられるものこそ、体が必要としているモノのはずです。

 

自分のからだの中のことを想像してみたり、体からの声を聴いてみる。

 

そんな日々の暮らしのセルフケアで色んな悩みは解決できます。

 

セルフケア京都では、この秋様々なセルフケアワークショップを開催しています。

関西唯一!医療気功である内養功レッスン開催中、ご予約受付中です。

セルフケア京都は、心・カラダ・生き方を整え、しなやかに自分らしく輝くあなたを応援します。

最後までお読みいただきありがとうございました。

多くの方々に読んでいただいているのは、あなたの温かいお気持ちのおかげです。

心から感謝しています。

Leave a Reply

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.