健康の2つの定義と6つの方法  -セルフケア京都

セルフケア京都・健康コンサルタント森田英実です。

今日のセルフケア 14

祇園祭り2014

京都は大雨でもお祭りでした

 

暑い日が続いたら、雨が続いて涼しくて、というお天気で、体調など崩されていないでしょうか?

 

体調を崩したとき、よく間違えてしまうことがあります。

 

健康とは、体調をくずさないこと、病気にならないことではないのです。

 

大病は困りますが、軽い風邪、下痢、喉の痛み、このようなカラダの不調は

 

「カラダからの赤信号」

 

と気づいて、セルフケアをすることが大切です。

 

そうすれば、もっと大きな病気にならなくてすみます。

 

 

健康である定義は

 

  • ごく軽い症状に気づく敏感さ

 

  • 回復できるチカラがあること

 

 

この敏感さと回復力は、日々の暮らしのなかで自分を労わること=セルフケアをすることで養われていきます。

 

 

だれでもできるセルフケアは6つあります。

 

  • 冷えないように気をつける

 

  • 食べ過ぎない

 

  • 疲れたら早めに寝る

 

  • 深い呼吸をとりいれる

 

  • 快便をこころがける

 

  • のんびりとしたキモチで暮らす

 

これだけセルフケアできれば、かなり元気になれます。

 

 
8&9月限定!医療気功である内養功入門レッスン京都初開催します

 

セルフケア京都は、女性の悩みに特化したカスタムメードのセルフケアのコンサルタント、デザイン、指導まで全て承ります。

最後までお読みいただきありがとうございました。

多くの方々に読んでいただいているのは、あなたの温かいお気持ちのおかげです。

心から感謝しています。

Leave a Reply

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.