ぎっくり腰になったときのセルフケア-やさしいセルフケア京都

やさしいセルフケア京都☆森田英実です。

 ぎっくり腰を治す5つのポイント

京都タワーと鳥

朝6時京都タワー、ぎっくり腰は朝に多い

 

ぎっくり腰、正式名称は「急性腰痛症」。

 

医療通訳やヨガ&気功講師のお仕事を通じて、様々な人の様々なぎっくり腰体験談をお聞きしてきました。

 

一人暮らしの女性が、朝起きて会社に行く準備をしていたとき、腰に電撃が走り倒れたまま全く動けなくなったそうです。

 

ショックを受けた彼女は、咄嗟にこのまま死んでしまう?!とパニックになったとか。

 

必死ではいつくばって、携帯電話を手にし、近所に住む親戚の叔母さんに電話。

 

状況のひどさに

 

「私が行っても何もできないから、救急車呼ぶよ、いいか?」

 

と言われ救急車で緊急入院した彼女。

 

なんと、1ヶ月以上入院。

 

その間、病院でほぼ寝たきりで痛み止めの点滴や飲み薬の処方だけ。

 

動けるようになって退院。

 

今でも腰痛と、そのときの恐怖体験のトラウマはありながら、特に何もせず会社に復帰しているとか。

 

1月以上の入院とまではいかなくても、似たようなケースはよく聞きます。

 

突然、何の前触れもなく痛みで動けない、という状態。

 

お話を伺っていて、ぎっくり腰になって、痛みをこらえて大慌てで緊急病院にかけつけた人の方が、かえって痛みがひどくなったり、痛みが長引く傾向があるようです。

 

東京の鍼灸師であり、たくさんの著書もある田中美津さんが、すすめておられるぎっくり腰を治す5つのポイントをご紹介したいと思います。

 

実際に私の家族がぎっくり腰になったとき、実践してみて、治りの早さに感動した方法です。

 

  • 激痛が起きたらスグうつぶせになる。

 

  • お腹の下に座布団を2,3枚くらい入れて2,30分じっとする

 

  • 痛みの様子を見ながら、硬い布団の上に仰向けになり、膝から下を座布団(30センチくらい)の上にのせる

 

  • 痛む炎症部分をシップか氷で冷やす

 

  • お腹は逆に、焼き塩を布袋に入れて温める

 

  • 腰を冷やしお腹を温める方法を1時間続け、2時間休んでを繰り返す

 

勿論、これだけでなく、その日のうちに日ごろから信頼している鍼灸師の先生が、特別に出張で診療に来てくださったことも大きかったと思います。

 

この方法は、勿論ぎっくり腰になった本人1人ではできません。

 

動けないときは、誰かに思い切って甘えるということが必要です。

 

でも、一つだけ自分でできることがあります。

 

それは呼吸法です。

 

目を閉じて、楽な姿勢になります。

 

鼻からできるだけ細く長い呼吸をします。

 

吸いきったら2,3秒停めます。

 

細く長く吐きます。

 

これを15回くらいを1セットで繰り返します。

 

呼吸で神経をゆるませることをするとしないとでは、治りかたが違うそうです。

 

もし、ぎっくり腰になったらやってみてください。

 

 

「やさしいセルフケア京都」では、腰痛の人のためのセルフケア・ワークショップを開催します。

 

少人数制のアットホームな雰囲気でのワークショップです。

 

日々頑張って、心身とも疲れているあなたを、温かく包む場所がやさしいセルフケア京都です。

いつでもあなたを、心から温かく迎え、心身の深いレベルから癒せるよう、心を尽くしてセルフケア法をお伝えしています。

あなたのココロとカラダを、そっとゆるめ、笑顔のあなたにもどれる方法がやさしいセルフケアです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

多くの方々に読んでいただいているのは、あなたの温かいお気持ちのおかげです。

心から感謝しています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *