「適当」センスの磨き方

セルフケア京都・セルフケア・トレーナー森田英実です。

 

心身の健康のための1つの法則

 

私は過去15年間、2万人以上の心身の健康に悩む人とお会いしてきました。

 

病気になる人、ならない人。

 

同じ病気になっても治る人、治らない人がいます。

2016年京都御所 桜

桜、さくら、サクラだらけの京都

 

その人達の類似点と違いをずっと体感してきました。

 

そして、心身ともに健康でいるためには、確固たる法則があることに気づきました。

 

その一つは、moderation=中庸です。

 

バランスです。

 

全く何もしないのではなく、やりすぎるのでもない。

 

白でも黒でもない。

 

完全に陰でも陽でもない。

 

ふざけすぎでも、まじめすぎでもない。

 

何でも適当であること。

 

「てきとー」

 

というと、あまり良いイメージを持たない人が多いかもしれません。

 

本来、「適当」とは、ちょうどのさじ加減、あんばいという状態。

 

実は、この状態は心身もスッキリとしていないとわかりませんし、保てません。

 

高度なセンスがいるのです。

 

センスは急に身につきません。

 

日々の積み重ね、トレーニングが必要です。

 

日々のセルフケアの積み重ねが、あなたの心身のセンスを磨き、あなたにとっての「適当」を手にする方法です。

 

 

お知らせ
セルフケア京都スケジュールはコチラをご覧ください
残席わずか!NHK文化センター梅田教室・セルフケア講座始まります!

 

セルフケア京都は、心・カラダ・生き方を整え、笑顔で元気に輝くあなたを応援します。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

多くの方々に読んでいただいているのは、あなたの温かいお気持ちのおかげです。

 

心から感謝しています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *