リラクゼーション法の最高峰

セルフケア京都・セルフケア・トレーナー森田英実です。

 

本日は、私がセルフケア法の一つとして愛好している気功法「香功」をご紹介します。

2016年大文字夕焼け

セルフケア京都出町柳サロンから見える夕焼け、最近特にうっとり

「香功(シャンゴン)」の正式名称は、「中国仏法芳香智悟気功(ちゅうごくぶっぽうほうこうちごきこう」です。

 

練功中に香りを感じることができる人もいることから、香功と呼ばれるようになりました。

 

93年には、中国での愛好者は1600万人に達し、爆発的に拡がりました。

 

日本を含む43カ国で多くの人たちが練功を行っています。

 

伝えたのは中国人・田瑞生師です。

 

【田瑞生(でんずいせい)師のプロフィール】

 

12歳の時に難病にかかり、放浪中の香功伝人釈悟空法師によって癒される。

 

治病後に弟子として香功を伝授される。

 

「50年後に世に出て、人々を救え」

 

という師の言葉を守り、50年の修練を積み、1988年5月に中国・洛陽で香功を公開する。

 

7年後、1995年9月30日永眠。

 

【香功の特徴】

 

・簡単に習得できること

 

・呼吸法、入静、意守などの必要がない

 

・効果が早くでること

 

なんといってもそのリラクゼーション効果の高さが魅力です。

 

初級、中級功法には、15の動作しかなく、すべてを行なっても16~18分程度しかかりません。

 

この練功を1日2回行います。

 

香功の効果や詳細は後日詳しく説明していきたいと思います。

 

4月からこの香功のクラスをスタートします。

 

スケジュールや内容はコチラ

お知らせ

 

セルフケア京都スケジュールはコチラをご覧ください
4月からNHK文化センター梅田教室セルフケア講座始まります!

 

セルフケア京都は、心・カラダ・生き方を整え、笑顔で元気に輝くあなたを応援します。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

多くの方々に読んでいただいているのは、あなたの温かいお気持ちのおかげです。

 

心から感謝しています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *