脳の質=食の質?

【健康づくりのヒント】

 

心身の健康づくり・パーソナルトレーナーの森田英実です。

 

脳はずっと働きづめです。

 

脳は、思考、動き、呼吸、鼓動、感覚、全てを司っています。

 

勿論眠っている間も。

 

脳はずっと燃料が必要。

 

燃料となるのは食べ物。

 

何を食べるかで、

 

燃料の質は違ってきます。

 

要するに、

 

何を口にするかで脳の構造も機能も

 

直接影響を受けます。

 

あなたの感情も、もちろん影響を受けます。

 

高級車を想像してみてください。

 

プレミア燃料を入れれば、

 

脳は最高の機能を果たします。

 

ビタミン、ミネラル、抗酸化物質を多く含む

 

質の良い食べ物を食べることは、

 

脳を滋養し、

 

酸化があると起こる、ストレスから脳を守ってくれます。

 

体が酸素を使うと細胞にダメージをもたらす廃棄物(フリーラディカル)が作られます。

 

残念ながら、まるで高級車のように、脳はもしプレミア燃料以外のものを摂取すれば、ダメージを受けます。

 

質の低い燃料(加工・精製食品など)からの物質が脳に到達すると、脳はそれらを除去することはできません。

 

例えば、精製された砂糖を多く含む食事は、脳にとっては有害となります。

 

体内のインスリン調整を低下させるだけでなく、炎症や酸化ストレスを創造します。

 

様々な研究結果が、精製糖分の多い食事と脳機能の相関性を指摘しています。

 

特に鬱のような精神疾患症状の悪化がみとめられています。

 

つい最近まで、医療界では感情と食事の相関性にあまり気づいていませんでした。

 

(Nutritional psychiatry: Your brain on food – Harvard Health Blog)

 

徐々に様々な事実が解明されつつあります。

 

昨日まで正しいとされていたことが、一日で間違いとされることもあります。

 

道法自然。

 

できるだけ、

 

自然に作られた食べ物、

 

自然と食べたくなったとき、

 

無理なく自然に消化できる分だけ食べること、

 

自然にまかせるようにしたいですね。

 

 

お知らせ
心身が整うと、

「自分の軸」がしっかりし、

心身がぎくしゃくした時に

どうすればいいのか、

自分で答えが出せます。

 

【健康づくり

パーソナル

トレーニング】では

15年間

世界各国と

日本で

私が学んだあらゆる健康法と

2万人の

心身の健康に悩む人達との出会いをもとに

どこにもない健康の真髄を

お伝えします!

くわしくはコチラ

 

 

セルフケア京都は、

働く方がたが、

病まず、

辞めず、

笑顔で活躍しつづける

元気な社会を

パーソナルな健康づくりで支援します。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

Leave a Reply

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.