5月病にならないコツ-やさしいセルフケア京都

やさしいセルフケア京都☆森田英実です。

睡眠は時間差ナシ攻撃

下鴨神社 新緑と鳥居

朱色x新緑コンビって最高かも?

多分、ブログを始めてから、1週間以上記事をアップしなかったことは今回が初めてです。

 

もしかして、ブログ依存症だったのかもしれません?!

 

皆さんに忘れられてしまう前に、復帰します(笑)

 

ここ最近、うんと暖かくなってきましたね。

 

冬は寒さで朝起きるのが辛かったのが、春先は異常に眠くて起きられない、そんな声をよく聞きます。

 

眠りは季節の影響を受けます。

 

冬は睡眠時間が長くなりがちです。

 

季節の変化=日照時間の変化です。

 

日照時間が短いと、メラトニンホルモンの分泌が活発になります。

 

メラトニンは睡眠を促すホルモンですから、分泌量が増えると睡眠時間は長くなります。

 

冬は逆に睡眠の質自体は、低くなりやすくなります。

 

 

これからの季節は、日が長くなり、自然と一日の活動量も増えます。

 

活動量が増えると、疲労感が増え、冬に比べると夜はぐっすり眠りやすい傾向があります。

 

 

しかし、できれば季節が変わっても、起床時間や睡眠時間は大幅には変えないほうが、睡眠のリズムを崩しません。

 

朝起きたらできるだけ早めに日の光を浴びる習慣はキープしましょう。

 

日中に睡魔に襲われたときは、15時前に15分以内の昼寝で、リフレッシュするのも睡眠のリズムを崩さないコツです。

 

ゴールデンウィーク中も、起床と睡眠のリズムは大幅に崩さないことが、ココロとカラダの健康管理のコツ、5月病にならないセルフケア法です。

 

起床&就寝時間差は多くても2時間までにおさえましょう。

 

睡眠には、時間差攻撃ナシ!ゆるーく自然に!がセルフケアのルールです。

 

日々頑張って、心身とも疲れているあなたを、温かく包む場所がやさしいセルフケア京都です。

いつでもあなたを、心から温かく迎え、心身の深いレベルから癒せるよう、心を尽くしてセルフケア法をお伝えしています。

あなたのココロとカラダを、そっとゆるめ、笑顔のあなたにもどれる方法がやさしいセルフケアです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

多くの方々に読んでいただいているのは、あなたの温かいお気持ちのおかげです。

心から感謝しています。

Leave a Reply

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.