タイプ別・更年期障害のためのセルフケア-セルフケア京都

セルフケア京都☆森田英実です。

「イライラタイプ」更年期障害のためのセルフケア

京都下鴨神社新緑

今朝の下鴨神社、みどりがまぶしい!

更年期障害といっても個人によって症状はちがいます。

 

今日は、「イライラタイプの更年期障害のセルフケア」をお伝えします。

 

ストレスが溜まりがちな生活を送っていた

 

多忙でいつも気持ちが張り詰めていた

 

もともとストレスに弱く、怒りがちな人

 

不規則な生活を送っていた人

 

 

によくみられるのがイライラタイプです。

 

 

多い症状:

 

・口が苦いことがある。

・ため息をよくつく。

・偏頭痛がある。

・生理前はイライラしたり怒りっぽくなったり、頭痛や目の痛みを伴う事がる。

・生理前に落ちこんだりと精神が不安定になる。

・情緒不安定

・ガスやゲップが出る。

・お腹が張る、

 

など。

 

おすすめセルフケア法:

 

このタイプの方は気を流すセルフケアがおすすめです。

 

・ストレッチや深呼吸などは気を流す働きがあります。痛いと感じない範囲でのストレッチです。

 

・気功や太極拳も気を流すにはおすすめです。

 

・普段の生活では出来るだけストレスを溜めないようにしましょう。

 

・ご自分にあったストレス発散法をみつけましょう。何でもかまいません。「好きなこと」「楽しめること」をすることです。

 

・不規則な生活はしないように。

 

 

・柑橘系の香りは「気」の巡りを改善させます。みかんやレモンなどお部屋に置いたり、アロマオイルなどもいいですね。

 

 

 

ツボ刺激:

 

「太衝」:足の甲にあり、親指と人差し指の付け根の骨が交わる所の少し前にあります。

 

「膻中」:両乳首の中間点。

 

さすったり、軽く叩いたりしましょう。

 

 

食べ物:

 

中医学ではミントやシソのような香りのあるものが「気」を流すと考えており、ストレス解消に役立つといわれています。

 

細かく言うとキリがありませんが、更年期の食事法で大切なのは食べ過ぎないこと!です。

 

年齢を重ねたら、食べっぷりを褒められる食べ方はやめて、エレガントに食べる癖をつけましょう、ね?

 

 

お茶:

 

シソ茶・ジャスミン茶・ミントティー・タイムティー・ローズマリーティー・カモミール茶、など

 

次回のこのブログでは、「くよくよタイプ」更年期障害のセルフケアについてお話します。

日々頑張って、心身とも疲れているあなたを、温かく包む場所がセルフケア京都です。

いつでもあなたを、心から温かく迎え、心身の深いレベルから癒せるよう、心を尽くしてセルフケア法をお伝えしています。

あなたのココロとカラダを、そっとゆるめ、笑顔のあなたにもどれる方法がセルフケア京都です。

最後までお読みいただきありがとうございました。

多くの方々に読んでいただいているのは、あなたの温かいお気持ちのおかげです。

心から感謝しています。

Leave a Reply

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.