香りの気功 知っていますか?

セルフケア京都・健康コンサルタント森田英実です。

 

火曜日に東京に毎月恒例の気功修行に行ってきました。

 

こうして東京に毎月通い始めて1年が経ちました。

2015秋銀座

東京は日本の外国

この東京気功修行で学んだ気功の一つに香りの気功「香功(しゃんごん)」があります。

中国では、1988年にこの気功が世に公開され、1年で5百万人の愛好家が生まれました。

香功は1990年代に、その効果とブームにより、あまりの勢力をもったことで、中国政府から弾圧を受けた歴史があります。

 

香功は、他の伝統気功とちがいます。

気功の三原則といわれる、「調身、調息、調心」のうち調心(リラクゼーション)と、腕と指の動きを約500回行うだけです。

座ったままの姿勢でもできます。

香功は、単純動作を繰り返すことで、脳に刺激を送り続け、自然にリラクゼーションを促します。

単純動作ですが、運動量はかなりあります。

香功は簡単で覚えやすく、しかも心身への健康効果が多大であるため、大発展をとげました。

初めて香功をする人の特徴は、あくびがでること。

あくびはリラックスの象徴です。

また体内の酸素不足を補います。

ココロとカラダのリラックスを促す、副交感神経が優位になることを現しています。

 

今年1年、東京に通って仲里先生から毎回毎回学んだことは、気功の技や哲学は勿論ですが、

「気功はとにかくゆるむこと、リラックスすること。」

ということでした。

 

緊張しては気が通わない、気が通わないところには血も通わない、元気になれない。

 

もとの自分に戻れない。

 

この気功「香功」を、クリスマススペシャル・満月瞑想会の最初に皆さんにご紹介します。

 

現在残席4です。

 

【平日午前中!養生気功クラス】スタートします

 

セルフケア京都は、心・カラダ・生き方を整え、しなやかに自分らしく輝くあなたを応援します。
最後までお読みいただきありがとうございました。

 

多くの方々に読んでいただいているのは、あなたの温かいお気持ちのおかげです。

 

心から感謝しています。

Leave a Reply

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.