腰痛にならないためのセルフケア-やさしいセルフケア京都

やさしいセルフケア京都☆森田英実です。

 腰痛にならないセルフケア・まとめ

下鴨神社 春の落ち葉

春の落ち葉、見てるとなんだか楽しい

腰痛にならないための方法はたくさんあります。

 

たくさんありすぎて、どうして良いかわからない人のために、腰痛のためのセルフケア法方をまとめてみます。

カラダを冷やさない

 

  • 1年中冷たい飲み物、カラダを冷やすことはできるだけ避ける
  • 冷房はできるだけ使わない
  • 暖房も強くしすぎない(冬に汗をかいて冷えないように)

 

冷えたら温める

 

・夏は一日一回汗をかく、かいたらできるだけ早くふき取る

・1日1回お風呂につかる(無理なら足湯や腰湯だけでも)

・運動はやりすぎない、適度に!

・セルフマッサージで手足を温めて、内臓も活性する(特に腎臓・胃腸・卵巣)

 

ココロを冷やさない

 

・イライラしたり、クヨクヨしたりしてココロを冷やさない

・過食はせず腹8分目をココロがける(胃を労わるため)

・寝る前は特にココロ静かに過ごす

・落ち込んだときは、小食にして22時までに寝る

・ゆっくりと呼吸すること

・想像力を使ってリラックスすること

 

「こんなこと腰痛と関係あるの?」

 

と思われるかもしれません。

 

痛みはすべて冷え=血の滞り=気の滞りから起こります。

 

ですから、基本は「気をよどませない生活をすること」なのです。

 

ひどい腰痛ほど、ストレッチしたって、腹筋を強めたって根本的には治りません。

 

日々の生活を見直すことです。

 

 

そして、セルフケアの一番のコツは、「適当にやること」「習慣にしてしまうこと」です。

 

セルフケアができない日があったとしても大丈夫です。

 

また翌日気をつけてカバーしてゆけば良いのです。

 

 

やさしいセルフケア京都では、「腰痛の人のためのセルフケア・ワークショップ」を開催します。

 

詳細はこちらをクリックしてご覧ください。
日々頑張って、心身とも疲れているあなたを、温かく包む場所がやさしいセルフケア京都です。

いつでもあなたを、心から温かく迎え、心身の深いレベルから癒せるよう、心を尽くしてセルフケア法をお伝えしています。

あなたのココロとカラダを、そっとゆるめ、笑顔のあなたにもどれる方法がやさしいセルフケアです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

多くの方々に読んでいただいているのは、あなたの温かいお気持ちのおかげです。

心から感謝しています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *